外壁塗装 屋根塗装のリフォーム専門店:ヨコハマ塗装綜業:横浜市 町田市

外壁塗装 屋根塗装のリフォーム専門店:ヨコハマ塗装綜業:横浜市 町田市

お問い合わせ
新商品ご案内
新素材紹介
白アリ防除

施工エリア

町田市 横浜市緑区 横浜市瀬谷区
横浜市青葉区  川崎市麻生区 相模原市 大和市

見積書で業者の「顔」が見える

見積書を隅から隅まで読むとその業者の顔が見えてくるものです。
見積書から『仕事の姿勢』がある程度わかります。

素人にわかりやすい噛み砕いた見積書になっているか?
メーカー名・材料名がハッキリ明記されているか?
何でも一式になっていないか?

だからといって、必ずしも高価なものが良くて、安価なものは悪いということではありません。
要は施工プランが現状の改善に、いかに即したものであるか、またお客様の今後のライフプランに適したものであるかどうかということです。
そうしたポイントを冷静に判断し、その目安としての参考と思っていただけばよいわけです。

例えば、必要以上に派手な照明器具をつけたり、大型のシステムキッチンを設置することは、それほど必要ないこともあります。

また、屋根や壁の塗り替えリフォームにしても築年数や屋根材・外壁材の特性と現状の傷み具合を考慮した塗料を提案し、なぜこの塗料が適しているのかまで解りやすい説明があれば安心です。

ですから、私たちヨコハマ塗装綜業は、家屋診断(事前調査)の結果を、お医者さんのカルテのように劣化現状に対処するための改善策(処方箋)、あるいはライフプランに合わせた最善策の提案(治療方法)を場合によっては複数提示し、ご説明させていただいております。



見積もりを取る際のポイント

現在の状況に対してどんな改善策があるか提案を求める
木造モルタル構造でひび(クラック)が多く発生している
サイディング外壁で目地(継目)の劣化がある
サイディングボードに反り・破損等がある
外壁・屋根の防水性能が失われている
外壁・屋根の色褪せ・変色などが見られるなど



今後のライフプランをふまえた提案を求める
数年後に増改築を予定している
新築後、最初の施工をする
建て替えまでの最後の施工を予定している
定期的な塗り替えを計画している(アパート・店舗など)など



見積書を見る時のポイント

いくつかのプランの中から選べるようになっているか
材料や建材の商品名が記載されているか
単価や数量が解りやすく記載されているか
見積書に対する説明が解りやすく明解か

『●●工事一式』という表示の場合、必ず内訳があるはずです。


△注意したい表記例

工事名数量単位金額
スチール製バルコニー塗装工事1¥150.000

◎安心できる表記例

工事名仕様工程数量単位単価金額

スチール製バルコニー工事

第○種ケレン法にてサビ落し
下地処理
下塗り:A社Bにてサビ止め
中塗り:A社C塗料にて中塗り
上塗り:A社C塗料にて上塗り

4工程m2¥10,000¥40,000

『●●工事一式』と表記がある場合は内訳書が添付されているはずです。
もし、内訳書がない場合は必ず提示を求めましょう


お問合せ