外壁塗装 屋根塗装のリフォーム専門店:ヨコハマ塗装綜業:横浜市 町田市

外壁塗装 屋根塗装のリフォーム専門店:ヨコハマ塗装綜業:横浜市 町田市

お問い合わせ
新商品ご案内
新素材紹介
白アリ防除

施工エリア

町田市 横浜市緑区 横浜市瀬谷区
横浜市青葉区  川崎市麻生区 相模原市 大和市

住まいの寿命を延ばすには

住まいの寿命を延ばすには念願のマイホームを建ててひと安心、5年目を迎えたとします。

あなたは、どちらですか??
『まだ5年しか経っていない』『もう、5年も経ったのか』

人と同じように家も経年とともに少しずつ傷みが出てきます。

とはいえ、傷みが出たらすぐに家がダメになるということではありません。
人の病気と同じように、家の傷みも小さいうちに手当てしておけば美しく、丈夫にながもちしてくれます。

では、家の傷みを小さいうちに発見するには、どうすればよいのでしょうか。
以下を参考に、定期的に住まいの健康診断をしてあげて下さい。



こんなに違う住宅の寿命?

一般的に日本の現代住宅の寿命は、25年〜27年といわれています。
しかし、他の国の住宅はもっと、ずっと長生きしています。

たとえば・・・
アメリカでは約130年、イギリスは約140年、フランスは約85年、ドイツは約80年。
どうしてこんなに差があるのでしょうか?
気候や土地・材料の問題もあるでしょうが、最も考えられるのが『いかにこまめにメンテナンスをしているか』です。

西洋では「自分の家は自分で守る」というのが当たり前。ちょっとした屋根の修理や壁の塗り替えは一家の主がやるものだと子どもの頃から教育されるといいます。

とはいえ、実際には屋根に登ったり壁を塗り替えるというのは、かなりの時間と手間をとります。
日本の社会事情からすると、そうした時間を作るのはかなり難しいでしょう。
また、慣れない作業は大変危険を伴います。
こうしたリスクを考えれば、安心して住まいのことを任せられる業者を見つけ、定期的に点検・メンテナンスを依頼するのが賢明といえます。

奈良や京都のお寺や飛騨の合掌造りなどのように、日本家屋はもともと「丈夫で長持ち」が信条のはず。しっかりと手を入れてやれば、25年どころか、30年、40年と長持ちするのが日本の住宅です。
材質や建材の違いはあれど、住宅建築のテクノロジーは当時と比べものにならないほど進化しています。

こまめなメンテナンスで、お住まいをいつまでも美しく丈夫で長持ちさせてあげて下さい。


「リフォーム年表」で住まいの定期健診を

築5〜7年目屋根(スレート瓦・トタン屋根)の防水塗装の劣化
雨樋のゴミ詰まりや変形
屋外の木部・鉄部の塗装の剥がれやサビ
外壁材(サイディングボード)の接続目地のヒビ割れ
モルタル外壁のヒビ割れなど
築7〜10年目外壁塗装の色ムラ等による防水性の劣化
屋外の木部・鉄部の腐食やサビによる強度低下
バスルーム・キッチン等水回りのメンテナンス
給湯器のメンテナンス
白アリの有無など
築10〜15年目クロス(壁紙)のシミ・汚れ
テラスやバルコニーなどの設備メンテナンス
門扉・シャッター等のメンテナンス
家族構成にともなう間取り変更など
築20〜25年目設備・機器類の修繕・交換
大幅増改築・建て替え等も視野に入れた計画など

※この年表はあくまでも目安です。立地条件や周辺環境によって記載の年数より前後することもあります。


お問合せ


24時間・365日休みなく雨風から家族を守ってくれる大切なわが家。
人間の健康診断と同じように、住宅にも定期的な点検とメンテナンスが必要です。

とはいえ、メンテナンスのタイミングはなかなかわからないという方も少なくありません。
住宅は部位によって傷みの早さが違います。

放っておくと知らず知らずのうちに木材の腐食カビや害虫の発生の原因ともなりかねません。
住宅と家族の健康を考え、この機会にご自分でマイホームの健康診断をしてみてはいかがですか?

もし、気になるところが見つかったなら、早めに専門家の点検・診断をお受けになることをオススメします。


下記図にある部位の番号をクリックすると、その部位の説明箇所に移動します。225

番号名 称箇 所点検周期
破風板(はふいた)『風を破る』という字のごとく、
雨風による傷みが出やすい部分。
塗料の剥げや変色がないか要チェック。
4〜7年
スレート瓦(すれーとがわら)コケや塗料の劣化が出始めると
ヒビ割れの原因ともなり防水性が
落ちているサイン。
遠目に見て変色があったら要注意。
7〜12年
トタン屋根(とたんやね)サビが拡がると防水性能の低下だけでなく
屋根全体の腐食の引き金にも。
傷みが小さいうちの補修がベストです。
5〜6年
軒天(のきてん)シミや反りなどの変形があれば雨漏りの疑いも。
専門家に屋根の点検を依頼するのが
ベストです。
4〜6年
雨戸・戸袋(あまど・とぶくろ)鉄製や木製のものはこまめな塗装で
防水性を維持することで
サビや腐食も防ぎます。
5〜8年
外壁(がいへき)モルタルやサイディングボードなど素材は様々ですが、
ヒビ割れやすき間ができると
傷みは急激に進行します。
7〜10年
面格子(めんごうし)鉄製なら塗料のはげ落ちや
サビがないかチェック。
5〜8年
鉄部(てつぶ)
<手すり・門扉など>
塗料が剥げたりサビが出ていたら要注意。
塗装で防水性を維持することで
サビや腐食を防ぎます。
5〜8年
木部(もくぶ)塗料が剥げていたら要注意。
塗装で防水性を維持することで
腐食を防ぎます。
5〜8年

マイホームチェック例


外壁にひび割れがあり、錆びが出ていた

ひび割れにより雨水が浸入し、錆がメタルラスより発生したもの。
膨張して、モルタルの強度が無くなるので、早めの修理をおすすめします。
塗膜剥離による劣化

築20年、塗膜剥離による劣化状況です。


サイディング外壁のシーリング劣化

経年劣化によるシーリングの割れです。大事な一次防水の為、10年前後でシールをそっくり打ち直す必要があります。
シーリングは10〜15年でメンテナンスが必要です。
屋根に雑草、ごみ

雨水マスの排水が悪いと間接的に木部を傷めてしまいます。排水が大事です。


屋根の劣化

錆が発生。本来は支線止めを取る位置としてふさわしくない。 (強度が無い為)
桟葺き屋根の劣化

桟葺き屋根は、6〜10年で塗り替えします(環境にもよります)。


お問合せ
リフォーム業者選びで迷っていませんか

こんなリフォーム業者さんはちょっと危険です。

「今決めていただいたら、●●%お安くします」
「うちはあの業者の半額でやりますよ」
「この(大きさの)家なら●●万円でやりますよ」

こんなセールストークを聞いたことはないですか?

★何でもかんでもすぐに値引く
★現場調査なしにカンで値段を即答する
★見積書にあいまいな点が多い 
 (例:材料名や建材名が明記されていない など)
★急いで契約させようとする etc.


リフォーム業者を選ぶ時は急がず数社から見積もりをとり、その上で比較検討することが大切です。
下記のリフォーム業者選びのポイントを参考にじっくりと検討することをオススメします。



Point企業姿勢を知る



訪問販売の場合、当然ながらその人件費は施工費に含まれます。
工事を下請施工会社に出している場合も同様です。
また、下請施工会社が入る場合、工事管理がずさんになったり、お客様の要望が職人まで届かずトラブルにつながるケースもあります。
まずは、以下の二つを確かめましょう
そのリフォーム業者に職人が常駐しているか
自社で施工・管理できるかどうか
下請けへ出す業者ならなんという職人が何人来るかなど、詳しく確認しておきましょう。



Point実績と評価を聞いてみる



お知り合いやご近所での施工実績があれば、工事内容や職人のマナー、業者に対する印象などを直接たずねてみることが最も確実といえます。
そうしたチャンスがない場合は、実際に施工した現場を見せてもらうのもよい方法です。



Point事前調査の分析力と提案力を見る



事前調査の診断結果と、それに対するプランニング(提案力)で判断することも大切です。
住まいの傷み具合が現在どのような状況になっているのか、補修が必要な箇所はどこか、どのような補修方法があり、わが家にとって最良なのはどの方法かなど、具体的に分かりやすく説明してくれる業者は信頼できるといってよいでしょう。

また、いくつかの施工プランを提示し、プランごとのメリットとデメリットを示した上で、どのプランがわが家にとって最良なのかを提案してくれる業者を選ぶことです。

人間に例えるなら、こういう医師の診断だと安心して治療を受けられる、というのと同じことです。



Point見積内容は明確か。保証内容はどうなっているか



使用する建材や塗料の種類・品名・数量などの内訳がきちんと見積書に明記されていることも業者選びの重要な判断基準の一つです。

『●●工事費一式』とだけ記載された見積書が提示された場合は、内訳を明記したものの提示を求めるようにしてください。
また、保証内容、保証期間などを明記した『品質保証書』を発行しているかどうかということも重要なポイント
そのためにも、契約時に発行される『施工仕様書』の内容を事前に確認しておくことも大切です。




Pointアフターフォローは万全か



工事前の近隣へのあいさつ、工事中のマナーや気配りなどは、実際に契約し工事に入ってからとても気になるところです。
アフターフォローの良し悪しの判断材料としては、「同じ地域で何棟の施工実績があるか」だということも事前に知っておきましょう。
もし、その業者の評判が悪ければ、同一地域での施工は難しいはずです。

同じリフォームをするなら地域に根ざした信頼ある企業活動を続けている業者を選びたいものですね。このような業者はアフターフォローも安心できるといえます。



お問合せ
見積書で業者の「顔」が見える

見積書を隅から隅まで読むとその業者の顔が見えてくるものです。
見積書から『仕事の姿勢』がある程度わかります。

素人にわかりやすい噛み砕いた見積書になっているか?
メーカー名・材料名がハッキリ明記されているか?
何でも一式になっていないか?

だからといって、必ずしも高価なものが良くて、安価なものは悪いということではありません。
要は施工プランが現状の改善に、いかに即したものであるか、またお客様の今後のライフプランに適したものであるかどうかということです。
そうしたポイントを冷静に判断し、その目安としての参考と思っていただけばよいわけです。

例えば、必要以上に派手な照明器具をつけたり、大型のシステムキッチンを設置することは、それほど必要ないこともあります。

また、屋根や壁の塗り替えリフォームにしても築年数や屋根材・外壁材の特性と現状の傷み具合を考慮した塗料を提案し、なぜこの塗料が適しているのかまで解りやすい説明があれば安心です。

ですから、私たちヨコハマ塗装綜業は、家屋診断(事前調査)の結果を、お医者さんのカルテのように劣化現状に対処するための改善策(処方箋)、あるいはライフプランに合わせた最善策の提案(治療方法)を場合によっては複数提示し、ご説明させていただいております。



見積もりを取る際のポイント

現在の状況に対してどんな改善策があるか提案を求める
木造モルタル構造でひび(クラック)が多く発生している
サイディング外壁で目地(継目)の劣化がある
サイディングボードに反り・破損等がある
外壁・屋根の防水性能が失われている
外壁・屋根の色褪せ・変色などが見られるなど



今後のライフプランをふまえた提案を求める
数年後に増改築を予定している
新築後、最初の施工をする
建て替えまでの最後の施工を予定している
定期的な塗り替えを計画している(アパート・店舗など)など



見積書を見る時のポイント

いくつかのプランの中から選べるようになっているか
材料や建材の商品名が記載されているか
単価や数量が解りやすく記載されているか
見積書に対する説明が解りやすく明解か

『●●工事一式』という表示の場合、必ず内訳があるはずです。


△注意したい表記例

工事名数量単位金額
スチール製バルコニー塗装工事1¥150.000

◎安心できる表記例

工事名仕様工程数量単位単価金額

スチール製バルコニー工事

第○種ケレン法にてサビ落し
下地処理
下塗り:A社Bにてサビ止め
中塗り:A社C塗料にて中塗り
上塗り:A社C塗料にて上塗り

4工程m2¥10,000¥40,000

『●●工事一式』と表記がある場合は内訳書が添付されているはずです。
もし、内訳書がない場合は必ず提示を求めましょう


お問合せ